富士通、業務システムのパフォーマンスを分析するソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、業務システムのパフォーマンスを分析するソフトを出荷


掲載日:2012/07/20


News

 富士通株式会社は、業務システムのレスポンスやボトルネックを分析するソフトウェア「Systemwalker Service Quality Coordinator V15」の出荷を開始した。

 「Systemwalker Service Quality Coordinator V15」は、プライベートクラウド環境を含む業務システムのパフォーマンスを分析することで、性能のボトルネックを特定し、その対策を示したり、仮想環境に必要なサーバ数を提示するソフトウェア。“待ち行列モデルによるレスポンス分析技術”とクラウド運用で培ったノウハウを活用して、プライベートクラウドの仮想リソースに加え、業務アプリケーションの処理能力も含めて問題を検知し、業務アプリケーションごとに必要な仮想リソースとサーバの配置方法などを提示。業務システムのサービス品質維持、システムの安定稼働、システム投資の最適化を支援する。

 業務システムのWebサーバ(Web)、アプリケーションサーバ(AP)、DBサーバ(DB)ごとの処理能力不足や仮想リソース上の競合など、ボトルネックを切り分ける。通常収集しているWebログと物理リソース・仮想リソースの情報だけを使用して分析するため、業務システム負荷をCPU使用率2%未満に抑えられ、運用中に分析を行なえる。また、ボトルネック解消の対策として、Web・AP・DBサーバを追加した場合のレスポンス時間や仮想環境の配置を見直した場合の効果を、事前に検証できる。

 物理環境から仮想環境へ移行する際に、業務システムの負荷を曜日や時間帯で把握することで、システムの利用実態に即した分析を行なえ、移行先で必要になるサーバ台数を自動計算できる。物理環境から仮想環境への移行に加え、仮想環境のアップグレードにも対応している。

 同社センタの事例では、CPUの稼働率を約30%から60%に向上し、センタ全体でサーバ台数の半減を達成している。


出荷日・発売日 2012年7月19日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040492


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ