GSXなど、「スマートデバイス安心導入・運用サービス」を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GSXなど、「スマートデバイス安心導入・運用サービス」を開始


掲載日:2012/07/20


News

 グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)と株式会社パソナテックは、企業がタブレットPCやスマートフォン(高機能携帯電話)などスマートデバイス製品を活用する際の導入から運用までを一括でソリューション提供する「スマートデバイス安心導入・運用サービス」を開始した。

 「スマートデバイス安心導入・運用サービス」では、スマートデバイスを導入する際、“情報セキュリティリスク”を回避するコンサルティングをGSXが提供し、機器調達からキッティング、導入後のサポート体制構築などをサポートするサービスをパソナテックが提供し、導入・運用時の課題に対して、フルパッケージをワンストップでサービス提供する。

 各企業が想定するデバイスの利用シーンから情報セキュリティリスクを分析/評価して可視化でき、ポリシーやガイドラインの整備を支援する。ユーザの状況や情報セキュリティリスクにマッチしたMDM(Mobile Device Management)を利用して、安全な運用基盤を構築する。

 導入時・運用フェーズの付随業務に対応でき、各企業の仕様にあわせたデバイスのキッティング作業に対応するほか、運用フェーズに求められるユーザサポートもパソナテックが対応する。どのフェーズからでも利用でき、状況にあわせたサービス内容が提案される。

 “情報セキュリティリスクの可視化”フェーズでは、デバイス導入時の業務利用シーンの分析やリスクマップ作成/リスク評価、既存ガイドラインの調査を基にした導入方針や運用管理基準の整備などを行なう。“安全な運用基盤づくり”フェーズでは、MDMの選定・導入を行ない、ユーザの状況にあわせた適切なMDMを導入する。“本番導入”フェーズでは、デバイス調達/キッティングを一元的に行なう。“運用・保守”フェーズでは、アカウント管理、ポリシーの変更などのMDM設定変更から、デバイスヘルプデスク、デバイス保守までをカバーし、運用を一元化する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 NRIの運用ノウハウを凝縮した運用管理ツール「Senju Family」 【野村総合研究所】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 NRIの運用ノウハウを凝縮!ITサービスマネジメント推進の手順書 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040491


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ