ナナオ、LAN接続で映像伝送・PC操作行なえる液晶モニタ2機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ナナオ、LAN接続で映像伝送・PC操作行なえる液晶モニタ2機種発売


掲載日:2012/07/19


News

 株式会社ナナオは、ローカルエリアネットワーク(LAN)での映像・音声信号の伝送と、USB接続したマウス・キーボードからのPC遠隔操作を行なえるカラー液晶モニタ2機種を9月19日に発売する。価格はオープン価格。

 今回発売される製品は、15.0インチカラー液晶モニタ「DuraVision FDX1502N」と、15.0インチタッチパネル装着カラー液晶モニタ「FDX1502NT」の2機種。PCとモニタをネットワークで接続することで、LANケーブル1本で映像・音声の長距離伝送を行なえるほか、無線LAN接続(ワイヤレス接続)も行なえる。無線LANは、IEEE802.11nにも準拠し、動画の表示やタッチパネル操作も行なえる。なお、今回の製品開発は、同社の液晶モニタに関するイメージングの技術と、サイレックス・テクノロジー株式会社(サイレックス)のIT機器のネットワーク技術の組合せで実現された。

 IEEE802.11a/b/g/n、10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tの主要なLAN規格に対応しているほか、電波法技術基準適合証明、R&TTE、FCC/ICの主要な無線認証規格に適合している。1台のPCに最大6台の「FDX1502N」「FDX1502NT」を接続して遠隔表示/遠隔操作を行なえるほか、モニタ側にUSB接続したプリンタ、USBメモリなどのUSB機器を操作できる。

 輝度は、「FDX1502N」が最大400カンデラ/平方メートル、「FDX1502NT」が最大320カンデラ/平方メートル。「FDX1502NT」は、指や手袋越しでもタッチ操作を行なえるアナログ抵抗膜方式を採用している。ステレオスピーカーを内蔵しているほか、モニタ部の上部に通気孔や開口部などがなく、内部に異物の侵入しにくい設計を採用している。また、動作温湿度条件は、0〜50度、20〜90%R.H.で、24時間連続使用が可能(2年間保証)。

 これらにより、ケーブルを敷設できない場所や、PCの設置スペースが限られる空間でもモニタを利用できるほか、モニタ設置後のレイアウト変更なども容易に行なえるため、工場の生産ラインの進捗状況表示や粉塵・振動などの対策、店舗内での広告表示などの法人向け用途に適している。


出荷日・発売日 2012年9月19日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040449


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ