NEC、ビッグデータ活用の最適解提供するコンサルティングを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、ビッグデータ活用の最適解提供するコンサルティングを提供


掲載日:2012/07/18


News

 日本電気株式会社(NEC)は、ビッグデータを活用して、新事業創出や売上拡大、業務改善などの施策を立案する企業に対して、ビッグデータの活用目的や分析方法を明確化するコンサルティングサービス「ビッグデータディスカバリープログラム」の提供を開始した。

 「ビッグデータディスカバリープログラム」は、3つのフェーズで進められ、ビッグデータの活用・分析に課題を抱えている企業に最適解を提供する。フェーズ0「ビジョニング」では、ビッグデータの活用事例や技術動向を参考にしながら、ユーザのビッグデータ活用の狙い・目的を明確化し、データを活用する対象業務や課題と、ユーザの業務部門やIT部門の検討体制を確定する。

 フェーズ1「データ活用仮説立案」では、ユーザの事業方針・重要評価指標を整理して、保有するデータや外部データを組み合わせたデータ分析・活用の仮説シナリオを立案する。フェーズ2「データ分析検証」では、ユーザが保有する実データを使用して、仮説に基づいてデータ分析を行ない、データの有意性や分析ツール・手法の有効性を検証する。

 分析では、ビッグデータに混在する規則性を自動発見する“異種混合学習技術”や、2つの文が同じ意味を含むかを判定する“テキスト含意認識技術”、システムのサイレント障害を自動検知する“インバリアンツ(不変性)解析技術”などのデータ分析技術が活用される。また、SAS Institute Japanと共同開発する、各業種特有のビッグデータ分析視点や分析手法を標準化した10種の分析テンプレートも活用する。

 提供価格は、フェーズ0が無償、フェーズ1が100万円から、フェーズ2が300万円からで、実施期間はそれぞれ、2週間程度、2週間から、1ヵ月からで、いずれも規模や内容により個別見積。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 オープンソース・機械学習ツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】 インメモリー・データ・プラットフォーム 【インテル】 SAS Event Stream Processing 【SAS Institute Japan】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングの機械学習ツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 ビッグデータを基に瞬時に意思決定――リアルタイム分析に必要な機能とは リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化 IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040444


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ