EMC、重複排除バックアップ/リカバリ機器の最上位機種を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、重複排除バックアップ/リカバリ機器の最上位機種を出荷


掲載日:2012/07/13


News

 EMCジャパン株式会社は、重複排除バックアップ/リカバリ専用アプライアンスの最上位機種で、パフォーマンスと拡張性に優れた「Data Domain DD990」の出荷を開始した。価格は個別見積。

 「DD990」では、重複排除処理をバックアップ・サーバ側に分散することでパフォーマンスを向上させる「Data Domain Boost」を使用することで、最大毎時31TBの転送が可能になり、大規模環境でのバックアップ/リカバリを高速化できる。また、「Data Domain Boost」がOracle Recovery Manager(RMAN)に対応したことで、Oracle Databaseのバックアップ・パフォーマンスを向上できる。

 有効容量は最大570TB。長期保存を図るための「Data Domain Extended Retention」ソフトウェアを使用することで、有効容量を最大1.3PBまで拡張でき、データ保持期間の延長とコンプライアンスの強化を図れる。更に、「Data Domain VTL」ソフトウェアを併用することで、仮想テープライブラリ環境でのバックアップでも長期保存を図れる。


出荷日・発売日 2012年7月12日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則 【ねこじゃらし】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 ランサムウェアに感染しても身代金を払わない――データ保護の5つの鉄則 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040394


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ