富士通、ビッグデータ活用システムソリューション3モデルを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ビッグデータ活用システムソリューション3モデルを提供


掲載日:2012/07/12


News

 富士通株式会社と株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズは、ビッグデータの戦略的活用を図れるオンプレミス型のビッグデータ活用システムソリューション「Enterprise Big Data Analysis」の提供を8月1日に開始する。価格は月額180万円から。

 「Enterprise Big Data Analysis」は、ビッグデータ活用に必要なソフトウェアとSI、システムの運用・保守などを統合したソリューションで、オンプレミス型システム向けに提供される。ビッグデータの分析処理やストリーミング処理など、利用シーンごとに最適化されたモデルが月額サービスとして提供される。

 各モデルに合わせて、ソフトウェアとSI、システムの運用・保守などの要素を統合、最適化されているため、システム開発を最短1週間で行なえる。システム開発の初期コストが不要の月額サービスで、既存システムとの連携を図れるオンプレミス型ソリューションなので、自社内から外に出すことが難しいデータを活用したい場合にも対応する。富士通のビッグデータ対応ソフトウェア製品群「Big Data Platform」「Big Data Middleware」を組み込んでいる上、24時間保守サービスが付属する。また、独自技術などによる操作性の向上が図られているほか、OSS・ISV製品との連携動作が確認されている。

 今回、「データ分析処理モデル」「バッチ処理モデル」「ストリームデータ処理モデル」の3モデルが順次提供され、今後、順次拡大される。「データ分析処理モデル」は、ビッグデータの収集・蓄積、データ抽出・集計に加え、統計分析や予測分析を行なえる。「バッチ処理モデル」は、データ量の増加などで処理時間がかかっている既存システムのバッチ処理をオフロードできる。「ストリームデータ処理モデル」は、センサデータなど大量に発生するストリーム型データの分析と制御を行なえ、ストリームデータの収集・蓄積・分析と、ストリームデータの制御、状況モニタリングを行なえる。

 こられにより、開発期間を最大10分の1程度に短縮できるほか、システム開発の初期コスト不要で、すぐにビッグデータの試行に取り組めるため、自社でのビッグデータ活用の有効性をいち早く検証したい場合や、まずはスモールスタートで始めたい場合などに適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額180万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】 IoTの付加価値を最大化させる「ビッグデータ分析環境」とは? 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策 「自動車ビッグデータ」の事例で学ぶHadoopの使い方 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040350


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ