マウスコンピューター、IPSパネル搭載23型液晶ディスプレイ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター、IPSパネル搭載23型液晶ディスプレイ発売


掲載日:2012/07/11


News

 株式会社マウスコンピューターは、昇降・ピボット機能に対応した23インチIPS方式パネル搭載ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XB2380HS」を8月中旬頃(予定)に発売する。価格はオープン価格。

 「ProLite XB2380HS」は、IPS方式パネルを採用したことで、上下左右178度の広視野角、500万:1(ACR時)の高コントラスト、応答速度5ms(GtoG)を達成している。色と明るさの変化やにじみ、ギラギラ感のまぶしさが抑えられ、目が疲れにくい安定した表示を行なえる。また、消費電力が前IPSモデルに比べ約25.7%低減されていて、電気代や年間CO2排出量の削減を図れるほか、3パターンのEcoモードを搭載し、通常モードに比べ消費電力を最大35%、年間CO2排出量を最大8.8%削減できる。有毒物質の水銀非含有で、廃棄時の環境負荷低減を図れ、地球環境に配慮している。国際エネルギースターに対応しているほか、RoHS指令、J-MOSSグリーンマークにも適合している。


 筐体機能では、90度回転ピボット、最大130mmの高さ調節、最大27度のチルト調整、320度のスウィーベルを行なえる“パーフェクトスタンド”を採用、見やすい高さと角度に調整することで、疲労軽減や作業効率向上を図れる。筐体フォルムは指紋のつきにくいシボ加工で、電源内蔵・昇降スタンド搭載ながら重量5.8kgの軽量化を達成したスリムデザインを採用している。メニューボタンは押しやすいプッシュ式ボタンを採用し、Ecoモード切替ボタンに加え、入力切替、スピーカー音量調節をダイレクトボタンで簡単に調整できる。

 液晶パネルは解像度1920×1080ドットのフルハイビジョン表示に対応し、ベゼル幅は上部19.5mm、左右18.5mmのスリム額縁を採用している。iiyama独自の画質調整機能を装備し、カラー調整では、クール/ノーマル/ウォームの色温度があらかじめプリセットされ、簡単に調整できるほか、ユーザ側でRGBのカスタム調整も行なえる。入力された映像ソースのアスペクト比が異なる場合に画面縦横比を保ったまま拡大表示できる“アスペクト比固定拡大機能”に対応している。また、入力系統は、HDMI端子、HDCP機能付DVI-D端子、D-Subミニ15ピンの3系統入力に対応し、HDMIケーブルが標準添付されている。筐体カラーは、マーベルブラックの1色。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040325


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ