インフォサイエンス、ログ管理をNetAppのステータスログに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォサイエンス、ログ管理をNetAppのステータスログに対応


掲載日:2012/07/10


News

 インフォサイエンス株式会社は、統合ログ管理システム「Logstorage」の無償オプション製品で、NetAppストレージのステータスログに対応した「Logstorage EventLogCollector Ver.1.4」の出荷を開始した。

 「Logstorage」では、ログに様々な意味付け(タグ付け)を行なうことで、異なる種類のログでも、同じ意味を持った項目に対して正確に検索/集計/検知できる。

 今回出荷された「Logstorage EventLogCollector Ver.1.4」は、監査ログ取得・解析機能に加え、NetAppストレージのCPU・ネットワーク・ディスクI/Oの状況など、ステータスログを取得できる。これにより、ログを監査目的に加え、ストレージの運用計画にも活用できる。


出荷日・発売日 2012年7月6日 出荷
価格 「Logstorage EventLogCollector Ver.1.4」:無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

改正個人情報保護法で押さえておくべき5つのポイントを再確認 【東日本電信電話】 「先制型」インシデント対応は従来型の手法が抱える諸課題を解消できるのか? 【丸紅ITソリューションズ】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】 インシデント対応の自動分析・対処が可能 セキュリティ運用効率化の秘訣 【丸紅ITソリューションズ】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
改正個人情報保護法で押さえておくべき5つのポイントを再確認 「先制型」インシデント対応は従来型の手法が抱える諸課題を解消できるのか? ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する
インシデント対応の自動分析・対処が可能 セキュリティ運用効率化の秘訣 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040314


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ