Salanga、台湾データセンタでコロケーションサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Salanga、台湾データセンタでコロケーションサービスを提供


掲載日:2012/07/09


News

 株式会社Salangaは、台湾データセンタでコロケーションサービスの提供を開始した。

 今回提供開始されたサービスでは、冗長化された電源・空調設備と、セキュリティシステムを備えた施設で、ユーザの通信機器を預かり、安定稼働をサポートする。非常時・災害時に備えた自家発電設備・警報設備・火災設備や、24時間365日監視体制が用意されるほか、電力・耐震性・耐荷重性などに余裕を持った設計が採用されていて、今後の拡張にも対応できる。

 GIX(インターネット・エクスチェンジ)に直結した回線を備え、様々な国と高速で通信できるほか、台湾国内の通信事業者が提供する回線との接続や、システム構築・運用保守サービスもあわせて提供する。

 データセンタは松山国際空港から車で10分。羽田空港からの直行便でアクセスでき、ユーザのITスタッフやベンダがアクセスしやすい立地条件を備えている。

 価格は、3分の1ラックで月額1万8000円からで、専有帯域が1Mbpsごとに提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」 【日本ヒューレット・パッカード】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイブリッドクラウド時代のデータ管理、複雑な環境を効率化するポイント 【ネットワンシステムズ株式会社】 ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり 【シュナイダーエレクトリック】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
IT環境に付き物の課題を解決し、ハイブリッドIT移行を実現する「4つの指針」 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 オンプレミスのデータセンターに従量制ITモデルを実装すると何が変わるのか? ハイブリッドクラウド運用の肝、モビリティを高めるデータ管理法 ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040293


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ