NTTデータ、短期間で効果的にBIを導入するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、短期間で効果的にBIを導入するサービスを提供


掲載日:2012/07/06


News

 株式会社NTTデータは、企業内に蓄積されたデータを“経営の意思決定”に活用するビジネスインテリジェンス(BI)を、短期間で導入し、高い導入効果を図るアプリケーション「BI Apps」の提供を開始した。

 「BI Apps」は、BI導入後の具体的な活用シナリオを描けるよう、あらかじめ業務や業界ごとに適した経営ダッシュボードや分析レポートを備えている。分析基盤のデータウエアハウス(DWH)が業務ごとにあらかじめ最適化されていて、従来に比べ短期間でBIの導入を図れる。導入前の構想策定コンサルティングから構築、業務定着化までに活用できる。今回、グローバル製造業向けサプライチェーンマネジメント(SCM)の「BI Apps」が提供され、今後は、SCMに加え、企業パフォーマンス管理(EPM)などに拡大して提供される予定。

 利用者が直接参照できる経営ダッシュボードや分析レポートが提供され、タブレットやスマートフォンなどのモバイル端末からも利用できる。分析基盤のDWHやデータ抽出・変換(ETL)、マスタデータ管理も含めた事前定義済みのトータルソリューションが提供されるため、ワンストップで、従来に比べ短い期間でBI導入を図れる。

 株式会社リアライズと共同で、BIを導入するためのコンサルティングサービスが提供され、各サービスメニューで「BI Apps」の活用を図る。BI導入前はデモツールとして活用することで、ユーザは具体的な実現イメージを持てるほか、導入・構築ではプロトタイプとしてユーザの要件をブラッシュアップするために活用され、ビジネストランスフォーメーションサービス(業務定着化支援)ではエンドユーザを教育するためのツールとして活用される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは? 【Tableau Japan】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか(Actionista!) 【ジャストシステム】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI BI BI BI BI
ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは? 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか 導入企業1200社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040264


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ