アスク、Thunderbolt対応・最大毎秒280MBのRAIDストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アスク、Thunderbolt対応・最大毎秒280MBのRAIDストレージを発売


掲載日:2012/07/05


News

 株式会社アスクは、高速インターフェース“Thunderbolt”接続で利用する外付けRAIDストレージで、最大毎秒280MBのスループットを達成した「G-RAID with Thunderbolt」(G-Technology社製)をアップルストアで発売した。

 「G-RAID with Thunderbolt」は、Macintoshとの親和性や耐久性に優れたオールアルミニウム製ケースを採用。静音性と冷却効果に優れたスマートクーリングファン技術も搭載している。また、HDV、DVCProHD、XDCAM HD、ProRes422、非圧縮SDのマルチストリームワークフローに対応し、プロフェッショナルのコンテンツ制作アプリケーションに適応できる。

 Thunderbolt端子を2基搭載し、最大6台のデイジーチェーン接続にも対応している。また、HGST社製7200rpm HDDを2台内蔵し、ハードウェア処理によるRAID 0アレイを構築した状態で提供される。4TB/8TBの2モデルが用意されている。


出荷日・発売日 2012年6月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント 【ネットアップ】 フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 老朽化したデータインフラを復活させるストレージ刷新の最善策とは? 【ネットアップ】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 老朽化したデータインフラを復活させるストレージ刷新の最善策とは? 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040244


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ