ida、クラウド型コンテンツ管理・ドキュメント制作ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ida、クラウド型コンテンツ管理・ドキュメント制作ソフトを発売


掲載日:2012/07/05


News

 アイ・ディー・エー株式会社(ida)は、製造メーカに加え、製薬、医療機器メーカ、大学、研究機関など文書管理の効率化を求める組織や企業向けに、クラウド型コンテンツ管理・ドキュメント制作ソフトウェア「Author-it Cloud 6」日本語版を発売する。

 「Author-it Cloud 6」は、ドキュメントの制作“オーサリング”から、様々なフォーマットへの出力“パブリッシング”、ドキュメントのパーツ化を活用した“コンテンツ管理、ワークフロー管理”の機能を備えている。オフィス系のソフトウェアと同様の直観的な操作を行なえるユーザインターフェースを備え、クラウド技術を採用したことで、導入・習得のハードルが抑えられていて、コンテンツ多言語展開の効率化を図れる。

 また、同社は、「Author-it」の導入に際してのコンサルティング、ユーザトレーニング、多言語翻訳、マニュアル・カタログ・Webサイト制作など、ユーザの要望に応じた総合的なサポートも提供する。

 コンテンツの一元管理・作成・出力に必要な機能が統合されているため、操作方法はシンプルで、複数ソフトウェアの習得は不要。既存コンテンツを再利用できるほか、国内・海外の複数拠点から、同時アクセスで協働できる。1ヵ所の変更作業で、関連する全コンテンツを即座に更新できる。

 同一コンテンツをPDF・ヘルプファイル・Word・PowerPoint・HTML・XMLなど、様々な形式・レイアウトに出力でき、タブレット機器への出力も行なえる。管理機能では、視覚的な進捗管理とユーザ権限設定機能、修正履歴の保存機能を備えているほか、翻訳管理機能を備え、主要な翻訳支援ソフトとの連携も図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040242


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ