IIJ、オンラインストレージで大容量ディスクの新品目を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、オンラインストレージで大容量ディスクの新品目を提供


掲載日:2012/07/04


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、オンラインストレージサービス「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」で、100GB以上の大容量ディスクと新たな管理機能を備えた新品目の提供を開始した。

 「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」では、画像や映像などの大容量ファイルを手軽に共有できる。SSL暗号化や、ファイルアップロード時のウイルスチェックなどのセキュリティ機能に標準で対応し、企業内に加え企業間でも安全にファイルを交換できる。

 今回の新品目では、100GB単位で実質上限なくディスク容量の契約が可能。多数の利用者でのファイル共有や、バックアップデータの保管場所としての利用など、日々データ量が増大する場合にも柔軟に対応できる。

 プロジェクト管理機能を備え、契約内に、プロジェクトと呼ばれる領域を任意の数だけ設定できる。プロジェクトごとにアクセスできるメンバーを制限できるほか、プロジェクト単位で使用できるディスク容量を最大10TBまで割り当てられる。また、任意の利用者にプロジェクトのメンバー登録などの権限を移譲できるため、管理者の負荷軽減を図れる。

 自動削除機能も備え、フォルダごとに、ファイルの保存期間を1日単位で1年まで設定できる。保存期間を過ぎたファイルは自動削除されるため、ファイルの消し忘れによるディスク容量の浪費や情報漏洩を未然に防げる。

 通信のSSL暗号化に加え、アップロードされたすべてのデータがサーバ側で自動的に暗号化されて保存されるため、より安全にデータを保護できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の製品

コントローラー性能で大きな差、DBに最適なオールフラッシュ条件 【東京エレクトロン デバイス】 トライアルサービス実施 Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル株式会社】 法人向けオンラインストレージ DirectCloud-BOX 【ダイレクトクラウド】 DB刷新はストレージから:分析回数に響くI/O遅延の課題解消 【東京エレクトロン デバイス】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】
オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ
コントローラー性能で大きな差、検証で判明したDBに最適なオールフラッシュ条件 オンラインストレージ、使って気付く意外な盲点 社内外でファイルを効率よく安全に共有・管理できる「ユーザ数無制限」の法人向けオンラインストレージ。「セキュリティ」と「利便性」の両立を追求し生産性の向上を実現。 DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消 ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040229


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ