KSK、スマホサイト対応ライブラリ新版をWindows Phoneなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KSK、スマホサイト対応ライブラリ新版をWindows Phoneなどに対応


掲載日:2012/07/02


News

 株式会社KSKは、インタラクティブなスマートフォンサイトの品質確保を図れる全機種対応ライブラリをバージョンアップし、対応機種の拡充やタッチUI部品の追加を行ない、様々な分野のスマートフォンサイト構築に適用できる「x-fit(クロスフィット)Version 1.1」の出荷を開始した。

 今回のバージョンアップでは、従来のiOSとAndroidに加え、Windows PhoneとBlackBerryのOS搭載機種にも対応したほか、5種のタッチUI部品が追加され計15種になった。また、数多くの機能追加や機能改善を行ない、利便性の向上を図っている。

 Windows Phone、BlackBerryが対応機種に加えられたほか、iOSのバージョンごと設定やAndroidエミュレータの識別などと合わせ、「x-fit」が最適化できるスマートデバイスの範囲が拡大された。タッチUI部品に、狭い画面を活用できる“タブ”、柔軟なレイアウトを行なえる“レイアウター”、チェック・ラジオを画像で表現できる“ラジオイメージ/チェックイメージ”、2択のスマートフォンらしい表現“スイッチ”が追加されたことで、サイトの表現力向上を図れる上、オリジナル実装から「x-fit」部品へ移行できるタッチUIが増加することで、信頼性の高いサイト運用を図れる。

 複数のタッチUI部品を保存・呼び出せる、強化された部品支援ツール「Training Editor for x-fit Version 1.1」が用意されていて、組み合わせ表示を行なった際のページ全体でのイメージ確認や、タッチUI部品の実装トレーニングに利用できる。また、スマートフォンサイト構築から運用まで、きめ細かな改善を行なったことで、より高レベルの最適運用を図れる。


出荷日・発売日 2012年6月28日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040185


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ