エプソン、モバイル・多機能などプロジェクタ計10機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、モバイル・多機能などプロジェクタ計10機種を発売


掲載日:2012/06/29


News

 エプソンは、ビジネスプロジェクタの新製品で、モバイルモデル4機種、多機能パワーモデル4機種を発売した。また、スタンダードモデル2機種を7月25日に発売する。価格はオープン価格。

 モバイルモデルの新製品「EB-1776W」「EB-1771W」「EB-1761W」「EB-1751」は、薄型・軽量で持ち運びやすく、外出先での使用に適している。3LCD方式プロジェクタで、高さ44mm、A4サイズで、重さは約1.7kg。明るさは、「EB-1776W」「EB-1771W」が3000ルーメン、「EB-1761W」「EB-1751」が2600ルーメンで、短距離で大画面を投写できる短焦点レンズを搭載している。「EB-1776W」は“ピタッと補正”機能を搭載、自動でタテヨコの台形補正とフォーカスを調整する。自動で枠に合わせる“フレームフィット”機能も搭載している。

 新機能として、一度に2種類の映像を左右に表示できる“2画面表示”機能に対応している。カラーモードに“DICOM SIMモード”が追加され、X線やCTのようなグレースケール画像でも、陰影を忠実に再現できる。また、USBストレージをプロジェクタに接続することで、PC不要で画面を表示できる“スライドショー”機能では、新たにPDFファイル、Motion JPEGの表示に対応した。

 多機能パワーモデルでは、明るさ5000ルーメンの「EB-1965」「EB-1960」、4200ルーメンの「EB-1945W」「EB-1940W」が用意され、重さ4.0kg未満で、様々なシーンで活用できる。「EB-1965」「EB-1945W」は、“ピタッと補正”機能で自動でタテヨコの台形補正を行なえる。スクリーンに投影する際に自動で枠に合わせる“フレームフィット”機能も搭載。映像インターフェースにDisplay PortとHDMI端子を搭載している。また、「EB-1965」「EB-1945W」は、最大32台のPCをネットワーク経由で接続、同時に4画面を表示できる“EasyMP Multi PC Projection”機能にも対応している。“DICOM SIMモード”や“2画面表示”機能にも対応している。

 スタンダードモデル「EB-S12H」「EB-S02H」は、基本性能と使いやすさを追求し、ビジネスなどで大画面を導入できる。HDMI端子を搭載している。

 スマートデバイスのファイルなどを投写するアプリケーション「Epson iProjection」に対応、同一ネットワーク上のプロジェクタを検索して、プレゼンテーションできる。転送した画面に書き込める“マーカー”機能も備えている。iOS版に加え、7月にはAndroid版も提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040162


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ