マカフィー、BYOD対応強化した企業向けモバイルデバイス管理提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、BYOD対応強化した企業向けモバイルデバイス管理提供


掲載日:2012/06/28


News

 マカフィー株式会社は、企業のモバイルセキュリティを構築・管理する「McAfee Enterprise Mobility Management」(EMM)の新版「バージョン10.1」の提供を6月29日に開始する。

 「EMM」は、企業で利用されるスマートフォンの端末を一元管理でき、セキュアに保護するプラットフォーム。今回の新版では、Android用McAfee Secure Containerが追加され、企業のセキュリティポリシーに従って企業メールや連絡先、カレンダーを個人データと分離、コンテナ化することで、1つのモバイルデバイスをビジネス用途とプライベート用途に安全に使い分けられる。Secure Container内のデータは暗号化され、外部アプリケーションへのデータの転送をブロックできるほか、端末の紛失・盗難時にSecure Container内のデータのみを消去することもできる。

 これにより、個人が所有するAndroid端末内の仕事用のメールや連絡先などの機密情報を、よりセキュアに保護し、BYOD(Bring Your Own Device)に対応する高度なセキュリティが提供される。

 1ライセンス1万8606円(11〜25ライセンス、初年度サポート料込)から9303円(1万ライセンス超、いずれも税込)までのレンジで提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

MDMを“オワコン”にしたスマホ管理の新標準「EMM」とは? 【ヴイエムウェア】 導入したMDMはペイできるのか? 費用対効果を徹底検証 【エムオーテックス】 無償キャンペーン提供中 Ambient Office EMS 評価検討サービス 【日本マイクロソフト株式会社、日本ビジネスシステムズ株式会社】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】 使い勝手が良く、唯一無二の価値を提供する VMware AirWatch 【ヴイエムウェア+他】
MDM MDM MDM MDM MDM
使ってみて分かる「MDMの壁」 本当に使えるモバイル管理術とは 分かりづらいMDMの費用対効果――コスト削減効果の計算法を公開 もう無理! 個別最適では限界なデバイスとIDの管理をどうする? 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする? モバイル活用や効率的な管理を進める上で気になるのが先進企業の事例。モバイルへの期待が高まる中でどのようなツールやサービスを使っているのか。エキスパートが答える。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040138


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ