採用:科学技術政策研究所がシマンテック製品群で多層防御を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:科学技術政策研究所がシマンテック製品群で多層防御を構築


掲載日:2012/06/25


News

 株式会社シマンテックは、文部科学省直轄の国立研究機関である科学技術政策研究所が、シマンテックのセキュリティソリューション3製品を採用したと発表した。

 科学技術政策研究所では、以前からウイルス対策ソフトとゲートウェイ製品を導入していたが、ウイルスの検知漏れが複数回あり、別製品の導入を検討していた。複数種類のセキュリティ対策ソフトを並行して運用した結果、企業向けセキュリティ製品「Symantec Endpoint Protection」と、メールセキュリティアプライアンス「Symantec Messaging Gateway」を採用した。

 ゼロデイ脆弱性を悪用するような、対策に一刻を争う脅威に晒された際の迅速なサポート体制が、採用の主な理由である。また、導入後の効果として、セキュリティの強化に加え、ウイルススキャン中のPCへの負荷が以前に比べ軽減され、パフォーマンスも向上した。

 また同研究所では、調査目的で様々なWebサイトにアクセスする必要が生じることから、職員が誤ってウイルスに感染したサイトにアクセスしてしまうことを回避するために、Webセキュリティについても強化を図った。インラインにするとパフォーマンスが落ちる懸念があったことから、メンテナンスや運用負荷を軽減できるクラウド型Webセキュリティサービス「Symantec MessageLabs Web Security.cloud」の導入を決定した。危険なサイトを確実にブロックすることを検証済みで、準備が整い次第、実際の運用を開始する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert 【エアー】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040061


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ