チェック・ポイント、セキュリティ高速化モジュールを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、セキュリティ高速化モジュールを受注開始


掲載日:2012/06/22


News

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、高パフォーマンス/低遅延が求められるネットワーク環境向けのセキュリティ高速化モジュール「Security Acceleration Module」の受注を開始した。

 「Security Acceleration Module」は、並列処理を用いて主要なセキュリティ機能を高速実行できるよう専用設計されたハードウェア技術“SecurityCore”を搭載している。セキュリティ・アプライアンスに装着すると、通常は汎用CPUで処理されるネットワーク・セキュリティ・トラフィックの負荷を、同モジュールの108個のセキュリティ・コアで処理できるため、パフォーマンス要件の厳しいネットワーク環境でも多数のセキュリティ機能を同時使用できる。

 トランザクション中心の環境向けに設計されていて、ネットワークの遅延は5マイクロ秒以下に抑えられている。このため、遅延を最小化して高いパフォーマンスを維持する必要のある環境でもセキュリティを構築できる。

 「Check Point 21400 Appliance」をプラットフォームにした場合、最高110Gbpsのファイアウォール・スループットと2900 SecurityPower Unitsというシステム性能を備えられる。また、同時接続数は毎秒30万件、転送速度は毎秒6000万パケットを達成している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】 外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出 【パロアルトネットワークス】 NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 急増するPDoS攻撃も効果的に防御、事業停止を回避する新たなサーバセキュリティ 【オリックス・レンテック】 次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出 UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
急増するPDoS攻撃も効果的に防御、事業停止を回避する新たなサーバセキュリティ 次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20040044


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ