YDC、中堅製造業向け原価管理ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


YDC、中堅製造業向け原価管理ソリューションを提供


掲載日:2012/06/18


News

 株式会社ワイ・ディ・シーは、東洋ビジネスエンジニアリングのERPパッケージ「MCFrame」の原価管理ソフトウェアをベースにした原価管理ソリューション「フカボリ」の提供を開始した。価格は1980万円から。

 「フカボリ」は、「MCFrame」原価管理のソフトウェアライセンス、導入支援サービス、初年度運用支援サービスをバンドルし、定額で提供するサービス。導入支援サービスでは過去の実施事例を基にしたドキュメントセットを使用し、短期間でのシステム導入を支援する。また、運用支援サービスでは運用会議を定期開催し、導入後の原価低減活動を支援する。これにより、中堅製造業の原価管理を支援するシステムを最短3ヵ月で構築でき、初期コストの軽減や、原価差額・滞留在庫などの見える化にともなう迅速な原価改善を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1980万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 統合業務ソリューション(ERP)GLOVIA iZ 【富士通マーケティング】 クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由 【富士通マーケティング】 GRANDIT 【GRANDIT】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 富士通ならではのクラウドやデジタル技術を融合し、次世代ERPとして作られた統合業務ソリューション。「経営管理」「会計」「人事給与」「販売管理」「貿易管理」で構成。 ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039954


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ