日本HP、8型タッチスクリーン搭載A4レーザー複合機2機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、8型タッチスクリーン搭載A4レーザー複合機2機種を発売


掲載日:2012/06/12


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、8インチカラー液晶タッチスクリーンを利用した優れた操作性を備え、様々なモバイルプリントに対応したビジネス向けA4カラーレーザー複合機「HP LaserJet Enterprise 500 Color MFP M575dn」と、A4モノクロレーザー複合機「HP LaserJet Enterprise 500 MFP M525dn」を6月14日に発売する。

 いずれも、操作パネルに8インチのカラー液晶タッチスクリーン“HP Easy Selectコントロールパネル”を搭載し、直感的でスムーズに操作でき、スキャン画像のプレビュー/編集、スキャンデータのPDFなどへの変換、複雑なワークフローの自動化などをタッチ操作で行なえる。

 メール送信でファイルなどを印刷できる“HP ePrint”、iOS/Android端末から印刷できる“HP ePrint Home & Biz”、“AirPrint機能”“Google Cloud Print”などのモバイルプリント機能に対応する。また、社内環境に限定してモバイル端末からプリントできるソリューション“HP ePrintエンタープライズ”、外出先から対応プリンタに出力できる“HP ePrintパブリックプリントロケーション”にも対応する。

 タッチパネル上で操作できるよう、ユーザインターフェースが改善されたユニバーサルファームウェア“HP Future Smart 2ファームウェア”を搭載している。テンキーを排除し、一貫した操作環境を提供する。また、ソリューション開発プラットフォーム“OXP(Open Extensibility Platform)”を搭載し、ソリューション開発コストと管理コストの削減を図れる。

 “HP UPD(Universal Print Driver)”を利用した印刷ジョブの暗号化に加え、“PIN入力機能”“認証プリント機能”などのセキュリティ機能を搭載しているほか、プリンタ管理ツール“HP Web Jetadmin”や、内蔵のWebサーバ“HP Embedded Web Server”などを利用することで、セキュリティの強化、業務の効率化を図れる。

 一定時間が経過すると、自動的に消費電力を削減できる“HPオートオン/オートオフ機能”を搭載し、従来機種に比べ「M575dn」は約37%、「M525dn」は約24%の省電力を達成しているほか、“自動両面印刷機能”“HPインスタント・オン フュージング”、“HPカラー・アクセス・コントロール”(「M575dn」のみ)など、プリント環境のトータルコスト低減を図れる機能を搭載している。


出荷日・発売日 2012年6月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039875


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ