採用:大和ハウスがクラウド版認証局「Gleas on IIJ GIO」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大和ハウスがクラウド版認証局「Gleas on IIJ GIO」を採用


掲載日:2012/06/12


News

 株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(JS3)は、大和ハウス工業株式会社が、約4000台のiPadからアクセスできるVPN環境を構築する認証局として、JS3のプライベート認証局「プライベートCA Gleas」を株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のプライベートクラウドサービス上に構築した「Gleas on IIJ GIO」が採用されたと発表した。

 大和ハウス工業では外出の多い営業担当者にノートPCを配布し、社外からでもメールの送受信やグループウェアを使った勤怠登録、日誌やスケジュールの参照と登録、ワークフローなどを利用できる環境の整備を進めたが、起動に時間がかかることや、盗難/紛失時の情報漏洩リスクなどの理由からノートPCの活用はあまり広がらなかった。

 このような問題の解決を図り、iPadを約4000台導入し、SSL-VPN経由で社外から業務ネットワークにアクセスできるようにするため、「Gleas on IIJ GIO」とSSL-VPN製品を用いて電子証明書によるセキュリティを確保したリモートアクセス環境を構築した。これにより、iPadからSSLトンネリングを経由して様々な業務アプリを利用できるようになり、利便性と業務効率が向上した。グループ企業への展開も始まっている。

 クライアント証明書、SSL-VPNの設定情報などを含むiOSの構成ユーティリティの生成とiPadへの安全な格納はGleasにより行なわれている。大和ハウス工業ではGleasに関し、利用者をグループに分けて権限管理を行なえることや、グループ企業への展開を見据えたマルチテナントで運用できること、TCO抑制を図れるクラウドサービスに対応していることなどを主に評価している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039874


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ