EMC、分散型仮想ストレージとデータ保護を組み合わせて出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、分散型仮想ストレージとデータ保護を組み合わせて出荷


掲載日:2012/06/11


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、分散型仮想ストレージ「VPLEX」とデータ保護の「RecoverPoint」を組み合わせた、新しいソリューションの出荷を開始した。価格は個別見積。

 「VPLEX」は、VMware vSphereやOracle RACなど、様々なIT環境へのデータ移動、可用性の向上、コラボレーション環境の展開を図れる。「RecoverPoint」は、「Symmetrix VMAXファミリ(VMAX)」「VNXファミリ」「VPLEX(Local/Metro)」を含むEMCのストレージ・ポートフォリオ全体の保護を図れる。

 「VPLEX」のキャッシュ・コヒーレンシ・テクノロジー“VPLEX AccessAnywhere”と、「RecoverPoint」を組み合わせることで、ハイブリッド・クラウドから高い価値を引き出すための、データ移動、可用性、データ保護が提供され、ハイブリッド・クラウド環境の可用性と保護環境の向上を図れる。アクティブ/アクティブ データセンタと別サイトの災害復旧(DR)保護環境を統合したソリューションで、EMCと他社のブロック・ストレージを利用できる。

 「VPLEX」とともに「RecoverPoint」の継続的なデータ保護機能を利用することで、本番データのコピーを作成し、データ破損などの問題が発生した場合でも、迅速・効率的に秒単位の精度でリカバリを行なえるほか、ローカル/リモートの継続的なレプリケーション機能を利用することで、サイト障害からもデータを保護できる。また、VMware環境では、データ保護と仮想マシンの高可用性を備えた柔軟性を活用でき、災害復旧と仮想マシンの再開を図れる。

 「VPLEX」は、OSが機能強化されたことで、従来バージョンに比べ40%のパフォーマンス向上、2倍の拡張性を達成したほか、新たに「VMware vSphere Storage APIs for Storage Awareness」「VMware vSphere Storage APIs for Array Integration」との統合がサポートされる。

 「EMC RecoverPoint」「VPLEX」を組み合わせることで、アクティブ/アクティブのハイブリッド・クラウド環境をサポートする、高可用性3サイト・データセンタ保護ソリューションが提供される。また、VMwareのvSphere Metro Storage Clustering環境のサポート認定を含むEMCの「VPLEX」エコシステムが拡大され、「VPLEX Metro」がストレッチ・クラスタ構成で、Oracleの認定を取得している。


出荷日・発売日 2012年6月8日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

それぞれのニーズに適したSDS導入を支援 StorSelectプログラム 【レノボ・ジャパン株式会社】 SANsymphony-V 【データコア・ソフトウェア】 常に最先端のSDS利用を可能にするOSSとサポートの魅力 【レノボ・ジャパン株式会社】 導入検討で実際に体験もできるハイパーコンバージドインフラ 【レノボ・ジャパン株式会社】 仮想環境のBCP/DR対策、アプリケーション障害時も高速復旧 【サイオステクノロジー】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
「ニーズに適したSDSを導入したい」――情シスがとるべき選択 ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。 100TB超のオールフラッシュストレージをSDSで素早く構築する方法 仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法 仮想環境のシステムダウンにはどう対策すべき? 図解付きで解説

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039853


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ