エプソンダイレクト、第3世代Coreを搭載できるBTO PCを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソンダイレクト、第3世代Coreを搭載できるBTO PCを受注開始


掲載日:2012/06/07


News

 エプソンダイレクト株式会社は、BTO(Build To Order)対応のスタンダードノートPC「Endeavor NJ3700E/NJ5700E」と、廉価なスタンダードノートPC「Endeavor Sシリーズ NY3300S」、コンパクトなデスクトップPC「Endeavor ST160E」の受注を開始した。

 「NJ3700E」は、第3世代CoreプロセッサやCeleronプロセッサなどを選択でき、USB3.0を標準搭載している。照明機器などの外光が反射しにくいノングレア液晶を採用した15.6インチWXGA液晶ディスプレイを搭載している。

 ピークシフト機能に対応し、電力需要のピーク時にバッテリ駆動に切り替えることでピーク時消費電力を抑えられる。BTOで長時間バッテリを選択すればより長時間バッテリ駆動できる。また、ピークシフトの設定を行なう“電源管理ユーティリティー”では、リアルタイムでの消費電力表示や1日・1週間・1ヵ月の各積算電力値表示、Windowsの電源プランの設定変更なども可能。消費電力は12.8W(通常使用時)に抑えられていて、全BTO構成で国際エネルギースタープログラムに適合している。

 データのバックアップや復元、USBメモリからの情報漏洩などを防止するUSBブロッカー、就業時間外にWindowsアップデートなどを自動的に行なうPCヘルスセンタなどの機能を備えたユーティリティソフト「エプソン ビジネス支援ツール」(7月下旬受注開始予定)など様々なBTOオプションが用意されている。

 「NJ5700E」は、「NJ3700E」をベースに電源を強化し、BTOでより上位のCPUやメモリを選択できるようにしたモデル。「フルHD液晶&専用GPU搭載モデル」「QuadコアCPU搭載モデル」の2つが用意されている。

 「NY3300S」は、「NJ3700E」をベースに、主なBTO選択肢をパッケージ化し、画像や動画を鮮明に表示できるグレア液晶を採用したモデル。

 「ST160E」は、第3世代CoreプロセッサやCeleronプロセッサなどを選択できる。幅195mm×奥行き185mm×高さ75mmとコンパクトで、オプションの専用一体型キット付ディスプレイの背面に取り付けることもできる。USB3.0ポートも備えている。HDDを2台搭載でき(その場合は光ディスクドライブ搭載不可)、RAID1構成も選択できる。消費電力は11.8W(通常使用時)で、全BTO構成で国際エネルギースタープログラムに適合している。待機時動作音は約22dBに抑えられている。「エプソン ビジネス支援ツール」など様々なBTOオプションが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039802


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ