SPI、IEEE1888に対応したエネルギー管理システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SPI、IEEE1888に対応したエネルギー管理システムの新版を発売


掲載日:2012/06/07


News

 セイコープレシジョン株式会社(SPI)は、電力などのエネルギー管理システムの新バージョン「GreenTALK Ver2.0」を6月下旬に発売する。価格は65万円から。

 「GreenTALK」は、部門単位や設備単位の切り口で、電力やガスなどのエネルギー使用量を“リアルタイム”に収集し、各種グラフを表示する、“見える化”をベースにしたエネルギー管理システム。

 今回の新バージョンは、PC側のクライアントソフトウェアが不要でブラウザのみで利用できるため、自席でいつでもリアルタイムな電力使用量を閲覧できる。グラフ表示画面は、自由にスケール設定を行なえるため、見やすく使いやすくなったほか、従来30分単位で提供されているデマンド画面は、60分のデマンド管理もグラフ化できるようにするなど、機能が拡充されている。

 ベンダ間の相互接続を行なえる通信プロトコル“IEEE1888”に対応したことで、設備メーカ独自に構築されたシステムの統合管理を容易に行なえ、既存の設備を利用する際にも、新たな設備を導入する際にも、手間を省け、低コストでシステムを構築できる。


出荷日・発売日 2012年6月下旬 発売
価格 65万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039798


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ