GMOクラウド、VPSサービスに2種類のOSとサーバ管理ツールを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOクラウド、VPSサービスに2種類のOSとサーバ管理ツールを追加


掲載日:2012/06/06


News

 GMOクラウド株式会社は、クラウド基盤のVPSサービス「GMOクラウドVPS」で、OSに“CloudLinux”“CentOS 6”、サーバ管理ツール“Parallels Plesk Panel 10”を追加しサービスを拡充した。

 「GMOクラウドVPS」は、自由度や使いやすさに優れたVPSサービス。“CloudLinux”は、複数ドメイン収容時のパフォーマンスの最適化と安定性の向上などを図るために、米国Cloud Linux,Inc.が開発したOSで、サーバの収容密度向上を図れ、運営コストの削減を図れる。「GMOクラウドVPS」で提供されることで、VPS上での共用ホスティング環境の構築や、複数のドメインでのWebサイト運用などにも利用できるようになった。また、“CentOS 6”は、Red Hat Enterprise LinuxベースのLinuxディストリビューションで、安定性と信頼性に優れている。

 今回、2種類のOSと、サーバ管理ツールとしてホスティング自動化コントロールパネル「Parallels Plesk Panel 10」が追加されたことで、選べる仮想OSテンプレートの種類が6種類に拡大され、自由度が向上した。また、サーバ監視・管理の作業を管理画面から行なえる「Parallels Plesk Panel 10」と、複数ドメインでのWebサイト運用に適したOS「CloudLinux」を組み合わせて利用することで、収容ドメインごとのリソース使用状況や制御などをグラフィカルな画面で確認、設定できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039789


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ