SAPジャパン、インメモリDBのビッグデータ解析機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、インメモリDBのビッグデータ解析機能を強化


掲載日:2012/06/06


News

 SAPジャパン株式会社は、ビッグデータ解析機能を強化した、「SAP HANA」インメモリDBの新サービスパック4「SAP HANA SP4」の提供を開始した。

 今回のサービスパックでは、高度なアプリケーションを開発するための各種ビジネス向け分析関数群や予測分析関数群が追加/機能強化された。また、シンプルなアプリケーションプログラミングモデルを標準で提供することで「HANA」アプリケーション開発を支援する。

 ビッグデータ解析機能として、オープンソース統計言語“R”との連携機能強化に加え、SAPが「HANA」に最適化し開発した関数群“Predictive Algorithm Library”(PAL)/“Business Functional Library”(BFL)が拡充される。これらを連携することで、将来の収益機会の予測や高度な予測分析を行なえ、標準のライブラリを活用することでビッグデータを容易に解析できる。

 ネイティブの予測/ビジネス機能が追加されたことで、強力で迅速な予測アプリケーションを構築できる。構造/非構造化されたコンテンツ中のネイティブのテキスト検索が可能になることで、リアルタイムな「SAP HANA」のDBで直接テキストコンテンツを調達/プロセス/モデリング/検索できるようになる。これにより、高速で結果を出し、BI(Business Intelligence)ツールやアプリケーション、近日提供予定の「SAP BusinessObjects Predictive Analysis」に呼び出すことができる。

 ビッグデータ基盤を広くサポートするHadoopとのデータ連携が強化され、ETLツール「SAP DataServices」がHadoop上のデータソースをデータストアとして取り扱えるようになった。

 更にこのサービスパックで、「SAP NetWeaver Business Warehouse」の一般提供開始をサポートしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】 Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 IoTの付加価値を最大化させる「ビッグデータ分析環境」とは? 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策 Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。 「自動車ビッグデータ」の事例で学ぶHadoopの使い方 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039782


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ