XACK、通信事業者向け認証サーバを“EAP-AKA”プロトコルに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


XACK、通信事業者向け認証サーバを“EAP-AKA”プロトコルに対応


掲載日:2012/06/04


News

 株式会社XACKは、拡張認証プロトコル“EAP-AKA(Extensible Authentication Protocol-Authentication and Key Agreement)”で認証を行なう、通信事業者向けRADIUS認証サーバ「EAP-AKA 対応版XACK RADIUS」の出荷を8月初旬に開始する。価格は300万円から(1万ユーザライセンスから)。

 “EAP-AKA”は、スマートフォンやタブレット端末など、USIM(Universal Subscriber Identify Module)カードを内蔵した通信機器がWi-Fiインターネットサービスに接続する際、ユーザ認証のセキュリティを向上させるための拡張認証プロトコル。「EAP-AKA 対応版XACK RADIUS」は、大規模なWi-Fiインターネット接続サービスのAKA認証システムを低コスト・短期間で構築できる。

 サーバ単体で100万ユーザ規模に対応できるため、EAP対応のRADIUSシステムを少ないサーバ台数で構築できる。Wi-Fi接続を行なうたびに、サーバ・クライアント間で相互にキーが交換されるため、総当たり攻撃や盗聴への耐性に優れ、高いセキュリティを備えられる。

 Authentication Center(AuC)とのインターフェースは、DSOメカニズムを使用することで、容易にカスタマイズでき、認証ベクトルを取得するために必要なAuCへの通信の代わりに、AuCそのものの機能をカスタマイズして装備することもできる。また、AKA認証を利用することで、Wi-Fiに接続する際のユーザ認証はIDとパスワードの入力操作が不要になり、自動的に認証が行なわれるほか、IDとパスワードの盗難などによる不正利用の防止を図れる。


出荷日・発売日 2012年8月上旬 出荷
価格 300万円〜(1万ユーザライセンス〜)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039740


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ