アップライト、専用レンタルサーバにRAID 10オプションを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アップライト、専用レンタルサーバにRAID 10オプションを追加


掲載日:2012/06/01


News

 株式会社アップライトは、専用レンタルサーバサービス「BULK SERVER」に、「RAID 10」オプションを追加した。

 「BULK SERVER」は、初期費用無料・最短利用期間1ヵ月・オプション初期費用無料で、クラウドのように気軽に使える。同社のエンジニアが24時間365日データセンタに常駐し、ユーザのサーバを監視・運用する。

 今回追加された「RAID 10」オプションは、HDD4枚を使用する、ディスクシステムの冗長・高速化機能。品質・信頼性に優れたメーカー製RAIDカードを用いて構築され、より高速なディスクアクセスとディスクシステム全体の大容量化を図れる。「スタンダード」「プレミアム」の2プランで利用できる。

 500GB×4(HDD容量1TBとしてシステムに認識される)と1TB×4(2TBとして認識される)が用意されていて、オプション月額費用はそれぞれ3000円、7000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター運用」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンター運用」関連情報をランダムに表示しています。

「データセンター運用」関連の製品

ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり 【シュナイダーエレクトリック】 ハイブリッドクラウド時代のデータ管理、複雑な環境を効率化するポイント 【ネットワンシステムズ株式会社】 System Center 2012 【日本マイクロソフト】 IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する? 【シュナイダーエレクトリック】
データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用 データセンター運用
ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり ハイブリッドクラウド運用の肝、モビリティを高めるデータ管理法 従来型サーバー/データセンタ/プライベートクラウド/パブリッククラウド/クライアント・デバイスをカバーする、IT基盤構築と運用のための統合された管理基盤 IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039706


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ