サイバネット、詳細に設計空間分析できる最適設計支援の新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネット、詳細に設計空間分析できる最適設計支援の新版発売


掲載日:2012/05/31


News

 サイバネットシステム株式会社(サイバネット)は、ベルギー・Noesis Solutions NVの最適設計支援ツール「Optimus」の新バージョン「Revision 10.6」を発売した。

 「Optimus」は、CADやCAEを使用した製品開発の効率改善を図れ、品質の向上を図れる最適設計支援ツール。今回の新バージョンでは、応答曲面法とデータマイニング機能が強化され、より詳細な設計空間の分析を行なえる。また、ユーザの利便性向上を図るため、「Optimus」と組み合わせて利用する各種ツール(CAD・CAE)を自動実行する設定を不要にする“ダイレクトインターフェース”の追加・改良が行なわれ、開発期間の短縮、高品質な製品設計を図れる。

 応答曲面式が新たに11手法追加され、作成された応答曲面の精度を自動判定する機能が追加された。同機能を使用することで、複数の応答曲面を異なる手法でまとめて作成し、最も精度が高い応答曲面を自動選択できるようになった。

 データマイニング機能が強化され、設計変数が出力値に及ぼす影響を算出できる“SOBOL Indices”が新規搭載された。従来の寄与度図に加え、“SOBOL Indices”を使用することで、より多角的に影響度をグラフィカルに確認できる。また、各サンプリングの分類が行なわれ、パラメータの相関性を把握できる“自己組織化マップ(SOM)”が新規搭載された。

 “ダイレクトインターフェース”では、各種ツールのファイルを選択することで、「Optimus」が設計変数と出力値の候補を自動で抽出する。今回、「Maple/MapleSim」「Creo Parametric(旧 Pro/Engineer)」の2製品のダイレクトインターフェースが新たに追加され、「Ricardo WAVE」「Excel」「Abaqus」の3製品のダイレクトインターフェースが改良され、各ツール間の操作性が向上している。

 「Optimus」と各種ツールの自動化を設定するワークフロー機能が強化された。複雑な実行条件を含むワークフローを、GUI上で簡単に設定でき、複雑/多様化するシミュレーションを使用した設計にも柔軟に対応できる。

 価格は、一括払いが300万円から、年間レンタルが150万円から。


出荷日・発売日 2012年5月30日 発売
価格 一括払い:300万円〜、年間レンタル:150万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039691


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ