エプソン、A4モノクロ毎分35.8枚のA3カラープリンタ/複合機発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、A4モノクロ毎分35.8枚のA3カラープリンタ/複合機発売


掲載日:2012/05/31


News

 エプソンは、モノクロメインのオフィスに手軽に導入できるコンパクトなA3カラーページプリンタ「LP-S5300」を6月22日に発売する。また、印刷やコピーはモノクロが中心というオフィスや学校などに適した、A3カラー複合機のベーシックモデル「LP-M5300」シリーズを6月1日に発売する。価格はオープン価格。

 両製品とも、毎分35.8枚(A4普通紙、コピーモード時)のモノクロ印刷が可能。ファン非搭載で静粛性に優れ、待機時は無音でデスクサイドでも利用できる。また、自然吸気・自然排気の設計が採用され、排気風が直接かかることがないため、場所や向きを気にせずに設置できる。

 TEC値は「LP-S5300」で2.78kWh、「LP-M5300」で5.21kWhと、消費電力が低減されているほか、環境推進トナーが設定され、環境負荷低減が図られている。

 WordやExcelなどのアプリケーションの操作画面から直接印刷設定できるリボン/ツールバー「かんたん設定 for Office」や、異なるアプリケーションで作成した複数のドキュメントをまとめて印刷できる「まとめてプリント」といったプリンタドライバ機能を備えている。また、iPhone/iPod touch/iPad用アプリ「ePrint」(マイクロテック社製、有料)をApp Storeからダウンロードすれば、iPhoneなどから住所録/写真/メモ、WebページやPDFデータなどを無線で印刷できる。

 「LP-S5300」は、幅499.5mm×奥行き537mm×高さ407mmとコンパクトな上、用紙/消耗品補給などのメンテナンスを前面から行なえるため、場所を問わず設置できる。また、標準容量のMサイズトナーに加え、低価格・小容量のSサイズトナー(シアン/マゼンダ/イエロー)が用意されている。急なトナー切れに備えるストックとして利用できるほか、モノクロ出力の多いオフィスではカラートナーのみSサイズを使用することでコスト削減を図れる。

 「LP-M5300」シリーズでは、前面にあるUSBポートにメモリを装着することで、PCを介さずに直接印刷したり、割付コピーをはじめとするコピー機能を利用できる。また、パスワード認証印刷(要メモリ増設)などのセキュリティ機能も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039685


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ