ATENジャパン、KVM操作と電源制御を遠隔から行なえる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATENジャパン、KVM操作と電源制御を遠隔から行なえる製品を出荷


掲載日:2012/05/31


News

 ATENジャパン株式会社は、PCやアナログKVMスイッチのKVM操作と電源制御を遠隔から行なえる1ポートリモートアクセスユニット「KN1000」の出荷を6月11日に開始する。価格は14万5000円。

 「KN1000」は、PCまたはアナログKVMスイッチと、キーボード・モニタ・マウスとの間に接続することで、これらの機器のコンソール操作をTCP/IPネットワーク経由で、Webブラウザを使用して行なえる。コンピュータのBIOSレベルから操作できるため、リモートからも大半のメンテナンスが可能になる。更に、接続機器の電源オン/オフも行なえるため、電源操作のためだけに現場に足を運ぶ必要がなくなり、移動の時間・労力・コストの削減を図れる。

 リモート側のコンピュータに接続されたUSBメモリ/DVD/CD-ROMなどを、同製品に接続されたコンピュータにマウントできる。サーバOSのパッチインストールやファイル転送といった作業も自分の席から行なえ、作業の効率化を図れる。また、PCと接続した場合、リモート画面の操作を始めると、リモート側のマウスはローカル側のマウスに自動同期されるため、快適に作業できる。


出荷日・発売日 2012年6月11日 出荷
価格 14万5000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039676


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ