インフォコム、Web-ERPのBI機能と連携するダッシュボードを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォコム、Web-ERPのBI機能と連携するダッシュボードを提供


掲載日:2012/05/30


News

 インフォコムグループは、Web-ERP「GRANDIT」に標準搭載されているBI機能と連携する「BIダッシュボード for GRANDIT」の提供を6月に開始する。

 「BIダッシュボード for GRANDIT」では、「GRANDIT」に標準で搭載されているBI機能が、よりグラフィカルな表現を行なえるように強化され、「GRANDIT」に蓄積された膨大なデータの自動集計とリアルタイムな経営分析環境が提供され、経営の意思決定の迅速化を図れる。

 グループ経営を行なっている企業では、海外拠点の実績データまで集約した業績の把握も行なえる。また、PCに加え、iPadなどのタブレット端末からもアクセスでき、直感的な操作を行なうことで、分析した情報をタイムリーに把握できる。

 価格は、オンプレミス型が300万円からの予定。

 今後は、「GRANDIT for Cloud」のオプションサービスとしても提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 管理会計のデータ集計・分析も手間なく実現するBI Actionista! 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣 【インテル】
BI BI BI BI BI
企画のスピードアップに コープ自然派が選んだBIツール、活用拡大のワケ 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039649


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ