リコーなど、工事成績評定点のシミュレーションを有効活用可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコーなど、工事成績評定点のシミュレーションを有効活用可能に


掲載日:2012/05/28


News

 株式会社リコーと株式会社ビーイングは、工事成績評定点のシミュレーションを企業資産として有効活用できるソリューション「評点PLUS 複合機連携PACK」の提供を開始した。価格はオープン価格。

 「評点PLUS 複合機連携PACK」では、ビーイングの工事成績評定点シミュレーションソフトウェア「評点PLUS」とリコーのデジタル複合機(MFP)とを連携させている。「評点PLUS」では、主に公共土木工事で、工事の発注者が採点する工事成績評定点を、受注者が施工途中(自主検査時)にシミュレーションし、工事成績評定点を事前に把握することで、確実な評定点の獲得や、点数が低い項目に対する早期対策の実施など、工事成績評定点の向上を支援する。

 今回のソリューションを用いて、MFP用アプリケーションソフト「imagio カンタン文書登録」と連携することで、工事現場で記入したチェックシートや関連するドキュメントをMFPでスキャンして「評点PLUS」に容易に登録できる。これにより、工事単位でのデータ管理を促進でき、例えば過去の工事案件のチェックシートをまとめて「評点PLUS」に転記処理する際に、チェックシートの検索性を向上できる。また、チェック結果の根拠となる関連資料などを含めたデータの一元管理も促進でき、これらを企業資産として有効活用できる。

 同ソリューションを利用するには、リコーのデジタル複合機「imagio MP」シリーズと「imagio カンタン文書登録 V2」が必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039621


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ