サードウェーブ、Windowsとの親和性などに優れた小型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブ、Windowsとの親和性などに優れた小型NASを発売


掲載日:2012/05/28


News

 株式会社サードウェーブは、Windows Storage Server 2008 R2を搭載し、Windowsネットワークとの親和性と高速性を兼ね備えた小型ネットワークストレージ「ExPrime SDL-28」を発売した。

 「ExPrime SDL-28」は、幅220mm×奥行き310mm×高さ270mmと、デスクサイドに設置できるサイズながら、最大12TB(4×3TB)の大容量HDD構成が可能で、スペース効率にも優れている。想定負荷に合わせ、様々なCPUラインアップに対応できる。

 株式会社ニプロン製のFAグレード電源を搭載している。また、同製品を2台用意することで、分散ファイルシステムレプリケーション機能を使用してバックアップを取ることができる。

 価格は、CAL(Client Access License)無制限の「Windows Storage Server 2008 R2 Standard」を搭載した12TBのモデルが27万3000円、25CALを使用できる「Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup」を搭載した8TBのモデルが19万9500円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 2012年5月24日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 バッチ処理時間を3分の1に短縮、BSNアイネットがオールフラッシュ化で得た効果

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039618


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ