クォーレスト、6Gbps SAS対応Dual Xeon E5タワー型サーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クォーレスト、6Gbps SAS対応Dual Xeon E5タワー型サーバを発売


掲載日:2012/05/28


News

 株式会社クォーレストは、6Gbps SASエキスパンダーとRAIDコントローラを装備し、Windows Storage Serverプラットフォームにも適した、タワー型サーバ「Qualest XE5SV3D」シリーズを発売した。

 「XE5SV3D」シリーズは、LGA-2011ソケット対応のXeon E5-2600シリーズCPUを2個まで搭載でき、最大16コア32スレッドの並列演算処理に対応できる。256GBまでのDDR3 ECC Registeredまたは64GBまでのECC Un-Bufferedタイプの240ピンDIMMを装備できる。

 12台の2.5インチまたは3.5インチ SAS/SATAディスクをマウントできるホットスワップ・ベイを装備している。12台のディスクはIntel RES2SV240 6Gbps 24チャンネルSASエキスパンダーに接続され、4チャンネルの6Gbps SAS/SATA RAIDコントローラにより管理されている。外部ストレージ接続用SFF-8088コネクタを装備し、容易にJBODユニットを増設できる。Intel C602チップセットを採用し、2チャンネルの6Gbps SATA3.0ポートと8チャンネルの3Gbps SATA2.0ポートが提供され、Windows/LinuxでコールドスワップのRAID 0/1/5/10に対応している。

 PCI-Express3.0のI/OコントローラがCPUに統合され、I/Oレイテンシーの削減、CPUへのデータ転送能力の向上が図られている。PCI-Express3.0 x8バス3本とPCI-Express2.0 x4/x1バスを各1本、32ビットPCIバス1本を利用できる。

 Intel 82574Lギガビット・ネットワーク・コントローラを搭載し、2ポートのGbEイーサネット・ポートを装備。パフォーマンスと耐障害性の向上を図れるI/OAT、MSI-X、IPv4/6、VLAN機能やティーミング機能に対応している。

 使用OSに非依存でシステムを遠隔操作できるIPMI 2.0専用LANポートを装備し、電源オン/オフ、ハードウェアの管理・監視、外部メディアからのOSインストールなどをWebブラウザ上から行なえる。

 システムからの発熱量に応じて回転数をコントロールするPWM(Pulse Width Modulation)方式のシステム冷却ファンと3個の大口径低速静音ファン、温度可変速ファン、デッドニング・パッドを採用して動作音の低減を図っている。87%以上の高エネルギー変換効率を達成した低発熱の80Plusゴールド規格750W電源を採用している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039614


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ