NEC、節電機能の強化と起動高速化を図ったビジネス向けPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、節電機能の強化と起動高速化を図ったビジネス向けPCを発売


掲載日:2012/05/24


News

 日本電気株式会社(NEC)は、節電機能の強化と起動高速化を図ったビジネス向けデスクトップPC「Mate」/ノートPC「VersaPro」計11タイプ31モデルを発売した。

 今回発売されたPCでは、昼間の電力ピーク時にバッテリからの電源供給に切り替えて節電する“ピークシフト機能”に対応できる。あらかじめ設定した時間にECOモードに自動で切り替えられるほか、電力会社の電力使用状況の情報と連動し、電力使用率が上がると自動でECOモードやバッテリ動作に切り替わる設定が可能。また、複数台のPC運用時に、指定された時間の範囲で、各PCごとにランダムにシフト時間を設定したピークシフトを行なえる。

 デスクトップPC「Mate タイプME」は、約3.1時間の動作が可能なバッテリを内蔵でき、“ピークシフト機能”に対応できる。バッテリ内蔵時には、不意の停電時に自動的に休止状態に移行する機能も使用でき、データを停電から保護できる。

 ノートPC「VersaPro タイプVD」では、大容量バッテリが用意され、最大約6.7時間のバッテリ動作が可能。PC未利用時の待機電力をほぼゼロにする「ゼロワットACアダプタ」を標準搭載しているほか、離席センサも標準搭載し、離席時には液晶モニタを自動的にオフにできる。また、テンキー付きキーボードを選択できる。

 「Mate タイプME」「VersaPro タイプVD」とも、“夜間充電機能”を備え、昼間の駆動で消耗したバッテリを、あらかじめ設定した電力需要が少ない夜間に自動的に充電できる。第3世代Core i7 vProプロセッサを搭載可能で、更なるパフォーマンス向上と省電力化を図れる。省エネ法2011年度達成基準に対し、達成率500%以上の“AAA”に適合している。また、起動を高速化できる“クイックパワーオン機能”を搭載しているほか、キャッシュとしてSSDを使用することで起動・レスポンスを高速化できる“インテル スマート レスポンス テクノロジー”を搭載できる。

 ノートPC「VersaPro タイプVH」は、持ち出しに適した13.3型液晶と、最大約13.1時間の大容量バッテリを標準搭載。“夜間充電機能”にも対応している。Core i7プロセッサを搭載し、“クイックパワーオン機能”も搭載している。また、テンキー付きキーボードを標準搭載しているほか、ディスプレイ上部にWebカメラを搭載している。天板表面には細かな傷を自然に復元するスクラッチリペアを採用している。


出荷日・発売日 2012年5月23日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039574


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ