日立コンシ、多拠点向け省エネASPに機能追加、補助金の対象に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立コンシ、多拠点向け省エネASPに機能追加、補助金の対象に


掲載日:2012/05/22


News

 日立コンシューマエレクトロニクス株式会社は、多店舗・多拠点企業向け省エネ支援ASPサービス「ECO・POM・PA(エコポンパ)」に、空調自動制御機能と遠隔からのリアルタイム監視機能を追加し、6月1日にサービス提供を開始する。

 「エコポンパ」では、使用電力量と具体的な省エネ行動指示を、表示端末へタイムリーに表示することで“見える化”できる。

 今回、EMS(Energy Management System)端末を、空調自動制御機能と遠隔からのリアルタイム監視機能に対応させるソフトウェアが開発され、空調機器のきめ細かな直接制御や、拠点の詳細管理が可能になった。同機能が「BEMS(Building and Energy Management System)補助金対応アップデーター」として提供される。

 これにより、2011年度エネルギー管理システム導入促進事業費補助金(BEMS)要件の対象システムとして、補助率2分の1または3分の1となる要件を満たす。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? 【ブレイヴコンピュータ】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは 【フィールドワン】 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 ハードウェアの保守期限切れ、それでも使い続けたい企業が取るべき選択肢は? EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 3社の事例で学ぶ メーカー保守終了後の延命と保守費削減の秘訣とは リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039528


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ