アズビルセキュリティフライデー、ログ収集にマルウェア監視搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アズビルセキュリティフライデー、ログ収集にマルウェア監視搭載


掲載日:2012/05/18


News

 アズビル セキュリティフライデー株式会社は、ファイルサーバアクセスログ収集システム「VISUACT」シリーズの「Visuact-lite」に、標的型サイバー攻撃対策として“マルウェア活動監視機能”を搭載した。

 “マルウェア活動監視機能”は、「VISUACT」シリーズで培われたネットワークキャプチャ技術とリアルタイム解析技術を応用して、ネットワーク上での不審なアクセスを検出することで、社内ネットワーク上で活動するマルウェアの早期発見を図れる。マルウェアによる不正なアクセスがあった場合は、ビューアでそのアクセス動向を確認できるほか、ログ管理ツールに不正アクセスログデータを転送できる。

 同機能を搭載した「Visuact-lite」の価格は、1ライセンスあたり年間10万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 「Visuact-lite」:1ライセンスあたり年間10万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

人材リソース不足の中でも大量のセキュリティアラートに漏らさず対応する方法 【丸紅ITソリューションズ】 分析ベースのアプローチで実現、セキュリティの調査と対応を迅速化する方法 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】 セキュリティツールが発する大量のアラートには自動分析と対処が力を発揮する 【丸紅ITソリューションズ】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
人材リソース不足の中でも大量のセキュリティアラートに漏らさず対応する方法 分析ベースのアプローチで実現、セキュリティの調査と対応を迅速化する方法 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。 セキュリティツールが発する大量のアラートには自動分析と対処が力を発揮する ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039502


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ