日本IBM、WindowsやUNIX環境の事業継続を支援するクラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、WindowsやUNIX環境の事業継続を支援するクラウドを提供


掲載日:2012/05/18


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、WindowsやUNIXサーバといったオープンなサーバで稼働している基幹・主要業務の事業継続を支援するために、短時間でシステム復旧を図れるクラウド・サービス「IBM SmarterCloud Virtualized Server Recovery」の提供を9月に開始する。価格は個別見積。

 「IBM SmarterCloud Virtualized Server Recovery」では、企業が本番として利用しているシステム環境を、IBMのクラウド・データセンタに自動複製し、障害発生時には災害対策用の仮想環境に短時間で切り替えることで、事業継続を図れる。クラウド・サービスなので、24時間365日いつでも対応できる上、災害対策環境を自社で個別に構築する場合に比べ、より短時間で災対環境を準備できる。なお、対象OS環境はWindowsやLinux。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

ランサムウェア対策としてのバックアップのよくある間違い 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 データベースのリアルタイムレプリケーションがビジネスにもたらすメリット 【クエスト・ソフトウェア】 クラウドバックアップサービス 【NEC】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
ランサムウェア対策に欠かせない「バックアップ」 大切なポイントとは? ビジネスの根幹を担う上で重要なデータベースは、重要であるが故に止められなかったり、もっと活用したいのに負荷を掛けられないジレンマもある。どうすればいいのか。 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039495


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ