富士通など、SQL Server 2012対応等で生産管理ERPの分析機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、SQL Server 2012対応等で生産管理ERPの分析機能強化


掲載日:2012/05/18


News

 富士通株式会社と米国グロービア インターナショナル インコーポレイテッド(GII)は、グローバル展開を図れる製造業向け生産管理ERP「glovia G2」を、Microsoft SQL Server 2012に対応させた新バージョンの出荷を7月に開始する。

 「glovia G2」は、生産管理用のERPとして、全世界の各拠点で生産・販売・在庫状況の見える化を図れ、戦略的な生産計画の立案を支援する。今回の新バージョンでは、分析・レポーティング機能に優れたSQL Server 2012に対応し、SQL Serverのデータ分析サービスを効果的に利用できる。また、ユーザ仕様の分析環境を容易に構築できる「glovia G2」のデータ分析テンプレート集「Glovia BI スターターキット for SQL Server」も同時に提供される。

 SQL Server 2012のアドバンスト機能“Microsoft SQL Server Advanced Services”(SSAS)を利用することで、セルフデータ分析を行なえ、ERPに蓄積されたデータを有効に活用するデータ活用基盤が提供される。また、27種類の販売分析レポートサンプルや18種類の売掛分析レポートサンプル、帳票サンプルが同梱され、短期間でユーザ視点のデータ分析を行なえる。

 ポータル画面上にアラート機能が搭載され、システムがリアルタイムにERP上のデータを分析し、納期遅延を起こしている手配オーダーなどの生産活動情報をユーザにプッシュ型で通知する。見込・大量生産に加え、製品の一部を個別受注型の生産にするミックスモードの生産形態に対応し、複数商品の並行生産や製品ライフサイクルを見ながら柔軟な生産形態を採用できる。また、個別受注生産品を複数の生産拠点で生産する場合、各拠点の製造オーダーと各拠点間の移動オーダーが紐付けて生成され、複数拠点に跨った場合でも製番付で全体の生産計画を策定でき、受注品別の正確な管理を行なえる。

 これらにより、経営・管理・現場の各層で、全世界の市況変化に迅速に対応するための効果的な支援の強化を図れる。

 価格は、生産管理ERP(10ユーザ)が250万円から、基本システム(1サーバ)が250万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】
生産管理システム 生産管理システム
生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039481


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ