サムライズ、HTML5などに対応したAdobe ColdFusionの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サムライズ、HTML5などに対応したAdobe ColdFusionの新版を発売


掲載日:2012/05/17


News

 株式会社サムライズは、Adobe Systems Incorporatedが開発したWebアプリケーションサーバの新バージョン「Adobe ColdFusion 10」を発売した。

 今回の新バージョンでは、HTML5やWebsocketなどに対応し、次世代のWebアプリケーションの構築を支援する。また、SOAP(Simple Object Access Protocol)やRestful Webサービス、Java機能との連携など、多数の連携機能も強化された。

 HTML5機能では、WebsocketやクライアントベースのHTML5チャート、ビデオプレーヤーやGeolocationに対応したGoogle mapの表示、HTML5フォーム入力に対する「ColdFusion」側での受信のサポートなどが新たに実装されている(一部の機能はStandard版では利用不可、または制限がある)。

 エンジン部分には、JRunに代わりApache Tomcatを採用しながら、旧バージョンとの互換性も保たれている。Webサービス機能では、フレームワークがApache Axis 2にバージョンアップされ、WSDL 2やSOAP 1.2プロトコルなどを利用できるようになった。

 Webアプリケーションの脆弱性、例えばXSSとCSRF攻撃の脅威を軽減する機能や、インストール時にセキュリティを強化した設定を行なうセキュア・プロファイル機能に加え、セッションCookieなどの強化やセッションローテーションなど、様々なセキュリティ機能が向上している。

 日本語版/英語版が同時発売され、新規ライセンス価格はStandard版が19万5000円から、Enterprise版が115万8300円から。


出荷日・発売日 2012年5月16日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039472


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ