エプソンダイレクト、ミニタワーPCの新製品2種を受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソンダイレクト、ミニタワーPCの新製品2種を受注開始


掲載日:2012/05/17


News

 エプソンダイレクト株式会社は、最新プラットフォームを搭載し、拡張性を備えたミニタワーPC「Endeavor MR7000E」と、廉価なミニタワーPC「Endeavor Sシリーズ TY5100S」の受注を開始した。

 「Endeavor MR7000E」では、インテルの新しいチップセットH77 Expressを採用。BTO(Build To Order)で第3世代Coreプロセッサを選択できるほか、コストパフォーマンスに優れたCeleron/Pentiumプロセッサを選択することもできる。USB3.0も標準搭載している。

 4本ある拡張スロットのうち、3本はボード長312mmのフルサイズの拡張ボードを装着できる。HDDを搭載できる内蔵ドライブベイを3基、光ディスクドライブを搭載できるオープンドライブベイを2基備えている。内蔵ドライブベイは“HDDスウィングアクセス”に対応し、HDD増設時にベイを取り付けやすい向きに変えられる。また、容量450Wの電源を搭載しているため、購入後の機能拡張にも幅広く対応できる。

 OS・CPU・メモリ・ビデオ・HDD/SSD・光ディスクドライブなどをBTOで選択できる。メモリは最大32GB搭載できる。ビデオはCPU内蔵のもののほかに、CADやデジタルコンテンツ制作に適したOpenGL対応ビデオなど、より高性能なものを選択できる。HDD/SSDはHDDからのデータ読み込み速度を高速化する技術“インテル スマート・レスポンス・テクノロジー”に対応したドライブなども選択できる。そのほか、増設用USB2.0/3.0・シリアル・パラレルなどの増設ポートを拡張スロットに追加することもできる。

 通常使用時の消費電力は30.3Wに低減されていて、BTOの全構成で国際エネルギースタープログラムに適合している。

 「Endeavor Sシリーズ TY5100S」は、廉価な基本構成でCore i3プロセッサ・4GBメモリ・500GB HDD・スーパーマルチドライブなどを備えているほか、第3世代Core i5/i7プロセッサ・8GBメモリ・128GB SSD・Blu-rayドライブなどに変更することもできる。USB3.0コネクタを前面に2つ備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039466


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ