エプソン、A4モバイルスキャナ等ドキュメントスキャナ2機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、A4モバイルスキャナ等ドキュメントスキャナ2機種発売


掲載日:2012/05/16


News

 エプソンは、ドキュメントスキャナの新製品で、重さ約325gのA4モバイルスキャナ「DS-30」を6月15日に、モノクロ300dpiで毎分25枚の高速スキャンを行なえるA4シートフィードスキャナ「ES-D350」を5月25日に発売する。価格はオープン価格。

 「DS-30」は、約325gのコンパクトな本体サイズで、持ち運んで使用でき、収納場所も問わない。収納や持ち運びに利用できるキャリングポーチも同梱している。USBバスパワー駆動なので、あらかじめ設定したPCとUSBケーブルで接続するだけで、すぐにスタンバイできる。読み取りたい原稿をセットし本体のボタンを押す簡単操作でスキャンできる。

 「ES-D350」は、“重送検知機能”を搭載、超音波センサが重送を検知し搬送を自動的に停止でき、データの抜けを未然に防止し大量のドキュメントを安定的に連続スキャンできる。A4サイズで最大75枚セットできる。

 いずれも、A4サイズに加え、名刺やカード、伝票など、様々な用紙の種類に対応し、会員証やクレジットカードのようなプラスチックカードなど、厚みのある用紙もスキャンできる。

 ユーティリティーソフト「Document Capture Pro」が新たに添付され、あらかじめスキャナ本体のボタンにスキャン後のジョブを割り当てることで、PCの操作不要で、指定した設定でスキャンを行なえ、例えば、スキャンしたデータの保存先をクラウドサービスに設定する“Scan toクラウド”を設定した場合、読み込んだデータを指定のクラウドサービスに保存できる。

 新スキャナドライバ「EPSON Scan」には、便利で使いやすい機能が用意されていて、例えば、裏写りなどで文字が読みにくい原稿や、背景に色が敷かれている原稿でも、文字を鮮明にして可読性を向上させる“文字くっきり”機能や、読み取った画像の境界線を消す“境界補正”機能、欄外に赤ペンで書き込んだメモなど、赤・青・緑の中から指定した色を除去できる“ドロップアウトカラー”機能を搭載している。全文検索可能な透明テキスト付PDFも作成できる。また、名刺管理ソフト「Presto!BizCard5 SE(Windowsのみ対応)」やOCRソフトが添付され、名刺の管理や資料のテキスト化も手軽に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039454


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ