MONET、バイナリ差分アップデートソフトのAndroid対応版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MONET、バイナリ差分アップデートソフトのAndroid対応版を発表


掲載日:2012/05/16


News

 株式会社MONETは、米ポケットソフト社のバイナリ差分アップデートソフトウェアのAndroid対応版「RTPatch for Android」を発表した。価格はオープン価格。

 「RTPatch」では、データやプログラムをアップデートする際に、旧バージョンからの変更個所をバイナリ・レベルで抽出して差分パッチを作成できる。バージョンアップを差分パッチで行なうことで、プロセスを簡略化できる上、配信の効率を改善できる。差分パッチのサイズはオリジナルデータから最大99.9%削減できる。

 今回Androidに正式対応したことで、Androidでのデータアップデートを簡素化/効率化できるようになった。動作環境は、パッチ作成側がWindows(XP/Vista/7など)/Linux/Mac OS X、パッチ適用側がAndroid 1.5以降。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? 【フィールドワン】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 リプレース回数を減らしてコスト削減、サポート切れの機器を延命させるには? IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039448


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ