富士通、グローバル企業向けにSAPの運用保守サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、グローバル企業向けにSAPの運用保守サービスを提供


掲載日:2012/05/16


News

 富士通株式会社は、全世界のグローバル企業向けに、SAPの運用保守サービス「Global Enterprise Management Services for SAP」の提供を開始した。

 「Global Enterprise Management Services for SAP」は、富士通のデータセンタで稼働するSAPソリューション向けに、インフラ保守/アプリケーション保守を提供するもので、グローバルデリバリセンタ上のIaaS環境に対し、サービスセンタからSAPソリューションに関するサポートを提供する。また、富士通のグローバルなネットワークを用いて、全世界に分散するアクセスポイントへの確実なプロビジョンニングを行なえる。

 これにより、世界各国の企業の生産性や効率の向上を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】 保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化 【フィールドワン】 保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント 【アプライドテクノロジー】 企業経営の生命線、キャッシュフローの健全性を保つ“秘策”とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。 保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化 保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント 企業経営の生命線、キャッシュフローの健全性を保つ“秘策”とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039446


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ