NEC、エネルギー使用量を見える化できる中小ビル向け製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、エネルギー使用量を見える化できる中小ビル向け製品を発売


掲載日:2012/05/16


News

 日本電気株式会社(NEC)は、建物の電力・照明・防災などの設備を安全/効率的に運用するビルオートメーションシステム「Butics」シリーズに、中小企業のオフィスビルや店舗など中小規模ビル向けの「Butics-300Ns」を追加し、発売した。

 「Butics-300Ns」は、エネルギー使用量の“見える化”機能を標準搭載し、導入時から節電対策に活用できる。熱源(ボイラー/ヒートポンプなど)・動力(モーター/ファンなど)・照明などの分類別に消費電力の比率を表示し、見える化できるため、効果的な省エネ対策の立案を図れる。CO2排出量への換算も可能。

 見える化機能で得られた情報を基に、電力をカットする優先順位を決めて、目標の使用電力量を設定することで、目標値を超えそうになった段階で電力の使用を制限をかけられる。これにより、全体の使用電力量を一定に抑える節電対策が可能。

 導入環境に合わせて最大管理点数274点までの入出力(I/O)ボードを実装した状態で提供される。設備画面作成ツールなど、企業が利用するシステム管理情報の作成ツールを搭載し、導入後にユーザ自身で電力管理点や設備画面を追加/変更できる。これらにより、コンパクトで経済性の高いシステムを構築できる。


出荷日・発売日 2012年5月15日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク 【日本マイクロソフト】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 Windows 10にいつ移行すべき? 今知るべきメリットと旧OSを使い続けるリスク IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039445


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ