ドキュメントフュージョン、文書を自動保存する整理用ソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドキュメントフュージョン、文書を自動保存する整理用ソフト発売


掲載日:2012/05/11


News

 株式会社ドキュメントフュージョンは、新しい文書/画像などの整理用ソフトウェア「みんなのきまりでファイルの整理」をニッセイエブロ株式会社を通じて発売した。

 「みんなのきまりでファイルの整理」では、MS Office/画像/PDF/FAX/メール/写真などのドキュメント類をボタン操作で、特定のファイル名を付加して、特定の場所に保存することを自動で行なえる。

 文書を“きまり”にドロップすると、“きまり”の設定に従って、自動的に文書名を付けられ、適切な場所に保存される。従来の文書管理や文書整理を、簡単な機械的動作に置き換えることで、人間のあいまいな記憶に頼らず、作成者が不在でも文書を確実に保存、取り出しを行なえる。また、クラウド環境では、ユーザが自由にフォルダ作成を行なえる、DropBoxなどのサービスに対応している。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 【アドビ システムズ 株式会社】 デジタルトランスフォーメーションの成功にAdobe Document Cloud 【アドビ システムズ 株式会社】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 e.Form 【ソフトバンク コマース&サービス】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは 紙の削減だけがペーパーレス化? 視点を変えたら見違えた ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
独自の特許技術により、紙の書式をそのままタブレットに表現可能な機能を有した電子フォームシステム。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039372


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ