センチュリー・システムズ、MtoM構築用の小型Linuxサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センチュリー・システムズ、MtoM構築用の小型Linuxサーバを発売


掲載日:2012/05/11


News

 センチュリー・システムズ株式会社は、端末装置をKDDIのモバイル通信網に接続し、MtoM(Machine to Machine)を構築するための小型Linuxマイクロアプライアンスサーバ「FutureNet MA-E255/XW」を5月17日に発売する。価格はオープン価格。

 「FutureNet MA-E255/XW」は、幅139.2mm×奥行き101.5mm×高さ36.2mm(突起物を除く)で、米Freescale社の産業・民生品市場向けCPU「i.MX353」(ARM11アーキテクチャ)を搭載したLinuxプラットフォーム製品。様々な外部装置とのインターフェースと強力な通信機能を備え、優れた耐環境性能、低消費電力を活用して、遠隔監視システムの拠点側データ収集装置兼通信装置として、また遠隔監視・制御用装置、デジタルサイネージや音声配信などの情報受信端末などとして利用できる。

 外部装置と接続するためのインターフェースとしてイーサネットポート、RS-232、RS-485、USB 2.0を備え、様々な計測装置やセンサ、制御装置、設備の監視用インターフェースなどと接続できる。通信モジュールとしてKDDIの「KCMV-200」または「KCMP」(いずれも京セラ製。購入時指定)を内蔵し、プリインストールの状態で簡単にモバイル通信を開始できる。auの通信網を利用して回線の開通/閉塞を行なえるOTA(Over The Air)機能に対応しているほか、KDDIのリモートアクセスサービス「クローズド リモートゲートウェイ」(CRG)にも対応している。USBポートにはモバイルデータ通信カードや無線LAN子機を接続できるため、設置場所の通信環境に応じて柔軟に通信手段を選択できる。

 「FutureNet MA-E200」シリーズのOSは、Linuxカーネル3.2が採用されているため、オープンソースで提供されている様々なサーバアプリケーションを利用でき、Linuxアプリケーションの移植や追加、削除、ファームウェアの作成などは標準添付の開発環境(SDK)を使用して行なえる。

 省電力CPUや電源回路を最適化したことで、最大約6.5Wの低消費電力を達成している。ヒートシンク不要で、ファンレスで動作し、24時間365日の常時稼働を達成している上、「KCMV」版は-20度〜50度(ACアダプタを除く)、「KCMP」版は-20度〜45度での動作保証が行なわれている。


出荷日・発売日 2012年5月17日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039351


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ