ジェクシード、JD Edwards E-Oneを活用したクラウドサービス開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェクシード、JD Edwards E-Oneを活用したクラウドサービス開始


掲載日:2012/05/10


News

 株式会社ジェクシードは、日本オラクル株式会社の中堅企業向けERP製品「JD Edwards EnterpriseOne(JD Edwards E-One)」を活用したクラウドサービス「GC Smart for SaaS」の提供を開始した。

 「GC Smart for SaaS」は、「JD Edwards E-One」に、ジェクシードの短期導入テンプレートを追加、SaaS型アプリケーションとして開発・構築され、IIJクラウドサービスの「IIJ GIOサービス」のインフラ基盤を使用して提供される。

 ジェクシードの設定済みテンプレート環境を仮想化の手法で導入されるため、インフラ構築に要する期間や工数の削減を図れる。テンプレートを適用することで、初期導入の期間や工数の削減も図れる。また、「IIJ GIO」を利用することで、ハードウェアやライセンスの保有不要で、システム運用に必要なリソースの最小化を図れ、運用費用の削減を図りながら、地震などの災害対策を含むBCP(事業継続計画)も考慮できる。

 「JD Edwards E-One」が備える全機能を利用することもできるため、小さくはじめて、将来大きく展開できる。「JD Edwards E-One」は、複数会社対応、多通貨・多言語対応、IFRS対応、内部統制対応など、グローバル経営やグループ経営・統制に適した製品で、国内での拠点の展開、海外への展開などにも容易に対応できる。大規模ERPパッケージに比べ、シンプルで分かりやすいパッケージで、ジェクシードの導入ノウハウを加えることで、年商100億円以下の中堅企業でも容易に利用できる仕組みが提供される。

 JDEインストール済サーバ環境、JDEライセンス、OSライセンス、各種必要ソフト、GC Smartテンプレート、JDE利用に必要な教育コンテンツなど、ERP稼働に必要なものがオールインワンで提供される。月額定額制で提供され、最短で翌月から利用を開始できる。また、一般的なクラウド環境で提供されるスナップショットを利用したサーババックアップに加え、専用バックアップサーバとソフトを利用したOracle DB、各種ファイルのバックアップ&リカバリ機能を標準装備している。オプションサービスで、DR(災害復旧)サイトへのリモートバックアップ、各種導入コンサルティング、運用サポートが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 Galileopt NX-Plus 【ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 ワークフロー統合型ERPでデータ反映を効率化 「経理部門」の判断が迅速に

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039350


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ