日本エクセム、Oracleプロジェクト生産性向上ツールの新版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本エクセム、Oracleプロジェクト生産性向上ツールの新版を発表


掲載日:2012/05/10


News

 日本エクセム株式会社は、Oracle DBを利用するプロジェクトの生産性を向上させるツール「MaxGauge」の「バージョン3.5」をリリースした。

 「MaxGauge」は、Oracle SGAメモリを直接的に参照することで、Oracle DBに負荷をかけずに約1200もの内部情報を取得する。この情報を解析し、迅速にトラブル予兆を発見し、障害発生やパフォーマンス低下時のOracle稼働状況を擬似的に再現する。障害時、その瞬間のセッションやSQLの解析結果から、障害発生時のトリガーを特定できる。

 今回の新バージョンでは、大規模向け構成やリアルタイム分析の機能が拡張された。インスタンスコンソール機能やリアルタイムセッション履歴追跡機能、長時間SQL/セッション追跡機能、表領域分析機能、パラメータ変更管理機能、大規模ユーザ向けリポジトリ機能を備えているほか、各種Oracleバージョン/プラットフォームのサポートが追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20039339


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ